小児の事故と予防策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,359
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    医療事故幼児家庭生物安全小児行動調査原因看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    。年齢階級別小児死亡三大原因及び死亡率 (1996)
    小児に起こりうる事故とその予防策について
    第1位 第2位 第3位
    1~4歳 不慮の事故 打0,1 警否ョY・
    変形及び業
    :悪 性新生物 2.8
    :色体異常 6.2
    5~ 9歳 不慮の事故 5_2 悪性新生物 2.7
    先天奇形・変形及び染
    色体異常 1.3
    10~ 14歳 不慮の事故 3.1 悪性新生物 2.4 心疾患 1.0
    15~19歳 不成の事故 18,0 自殺 4,9 1悪性新生物 4.1
    不慮の事故は小児の死亡原因として乳児で第3位 、1歳以上ではどの年齢階級で
    も第 1位 を占める。
    事故の種類を見ると、乳児では窒息が大部分を占める。1~ 4歳 では幼児期にな
    ると交通事故が最も多く、次いで溺死が多い。5歳 以上では交通事故が非常に多く
    なり、次いで割合は減少するが溺死が第2位 である。すなわち、交通事故と溺死が
    小児の死亡原因として非常に重要である。
    全国 49の 医療機関における調査から小児の出来炊事子の発生場所を見ると、死
    亡例だけでなく治療例 ・後遺症例を含んだ統計であるが、乳幼児では浴槽の死亡事
    故が最も多く、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。