処置時の体位固定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数240
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    理解看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1)肘 静脈の場合
    患児の年齢や理解力に応じた説明をした後、よく血管に触れて探す。場合によって
    は、採血部位を患児に選択させてもよい。理解できる患児には、握りこぶしをつくらせ
    る。駆血が強すぎると、動脈も圧迫するので注意する。肘関節と手関節を固定する。
    2)外顕静脈の場合
    面上肢と全身を布でくるみ、身体全体を抱え込むようにする。頭部を肩枕や処置台か
    ら下tず、顔は解決部と反対に向け、顕部をまつすぐにして頭部と肩をしつかり固定する。
    患児は泣いていたほうが静脈は露出しやすいがチアノーゼや顔貌に注意する。止血
    が不十分だと血腫ができやすいため、確実に止血する。また頚動脈を圧迫しないよう
    に注意する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。