手術のための固定体位

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数4,382
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    影響障害比較運動神経安全意識呼吸循環看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    はじめに
    手術のための体位固定は、手術の目的を円滑に達成するためにきわめて重要である。
    手術を受ける患者様は、麻酔薬や筋弛緩薬などによって、疼痛や筋緊張などの生理
    的な防衛反応がなくなる。そのため、麻酔時の体位が生体に及ぼす影響を十分に理
    解しその対策を立てておかなければならない。
    手術体位の条件
    よい手術体位とは、まず患者様にとつて安全 ・安案でなければならない。さらに手
    術体位は、手術が安全に、安楽に行われるものでなければならない。
    体位が呼吸器系に及ぼす影響
    意識がある人の正常な一回換気量は約500mlで あるが、麻酔下で自発呼吸を行
    つている患者様は麻酔自体の呼吸抑制によって役400mlに 減少する。手術を受
    ける患者様は、この状況にさらに体位の影響が加わることとなる。呼吸運動は横隔
    膜の移動と内コ外肋間筋収縮による肋骨の移動、および補助呼吸筋による胸郭運動
    によって行われているが、その約70%を 横隔膜が担つている。ゆえに横隔膜を抑
    制する体位は呼吸に及ぼす影響が大きい。たとえば、砕石位による横隔膜の運動抑
    制によつて肺活量は20%減 少する。
    ①仰臥位
    意識のある人で、仰臥..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。