在宅看護を提供する機関や組織

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数734
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉高齢者介護医療家族健康地域家庭老人問題看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    在宅看護を提供する機関や組織とそれぞれの機能、役割について
    ソーシャルサポートシステム
    徹底した健康づくりがなされたとしても、何らかの老年病や障害の発生
    を高齢になるまで免れることは難しい。
    病弱になったときにも、高齢者や家族を支援する体制が整って初めて、安心して人間ら
    しい老後を送ることができるのである。
    従来の医療体制は、病院中心に発展してきたといえるが、これからは、疾病や障害を抱
    えた高齢者を在宅で支援する体制を整備していくことが求められている。それは、多くの
    高齢者が住みなれた家庭で、家族の世話をすることを望んでいること、さらに家族も、で
    きたら高齢者を家庭で世話したいと望んでいるからである。
    新ゴールドプランとその目標
    高齢社会における保険、医療、福祉の対策として、政府は 1989年 (平成元年)に「高齢
    者保健福祉推進 10カ年戦略(ゴールドプラン)」を策定した。これは 21世 紀に向けての
    10年 間に市町村における在宅福祉対策の緊急整備を中心課題とし、「穣たきり老人ゼ
    ロ作戦」の展開や老人施設の緊急整備、総合的な福祉施設の整備、生涯対策、さらに
    「長寿福祉基金」の設置や..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。