高齢者の心理

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,330
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    高齢者情報心理社会言語学習能力記憶生物知識看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    を化 とこころ
    ・ 高 齢者心理の背貴
    高齢者の看護に当たる者の多くは老いを体験 していない。それだけに高齢者
    の心理を理解するのは容易ではない。人はどうしても未体験の事柄には実感を
    持ちにくく、表面的に事業を受け止めて理解 したと思い込んでしまいがちだか
    らである。そして高齢者心理という一般的な説明に疑間を抱かず、高齢者の言
    動をパターン化で認識しやすい。
    高齢者の言動を表面から観察 して、頑国である、寂 しがる、自己本位で要求
    が多いといつて決め付けてしまうという誤 りを犯じやすい。しかし、老いが体
    験の外にあるという事を謙虚に受け止め、一方的 ・画一的に高齢者の心理や行
    動を断定する誤 りは避けなければならない。
    高齢者の心理についてのデータや情報が、高齢者についての言動を理解する
    ための一つの手がかりになることは間違いない。しかし、知識の集積によって
    高齢者のこころをわかつたと思い込んでしまうのは危険である。それらのもの
    でいわれている高齢者についての知識は、高齢者の一般的傾向についてのデー
    タであつて一人ひとりの高齢者の言動を説明するものではないからである。高
    齢者についての..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。