高齢者のQOL

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数835
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    高齢者家族人間自立治療技術看護生活原因視点看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ・ は じめに
    近年の治療技術の発展には目覚ましいものがある。このことが現在の長寿時
    代の到来に大きな貢献をした。しかし、進んだ治療技術の適用だけで、高齢患
    者の人間性の回復を図る事が可能であるかを考えると、かならずしもそうでな
    いことが次第に明らかになりつつある。このことをふまえつつ、高齢者の 00L
    を考えていく必要がある。
    ・ 高 齢者の00Lについて
    治療により床上安静やチューブ類の装着に伴う行動の制限は、治療過程にお
    いてはどうしても避けられないが、これが廃用症候群を発生させるもとになる。
    病気がある程度回復 し救命効果は上がったとしても―方では患者を穣たきり
    状態に陥らせる原因にな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。