呼吸リハビリについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数911
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    呼吸改善看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ・ は じめに
    肺理学療法を積極的に行うことは、換気能力の改善を図る上で有効である。
    一般に、肺理学療法には腹式呼吸訓練、胸式呼吸訓練、機能的残気量を減少さ
    せ、肺換気を促進して分泌物の曙出を容易にする部分呼吸訓練、肺胞気管支の
    開塞を防いで残気量を減少させる努力性回すばめ呼吸訓練、疾の喀出を容易に
    させる催咳法、体位を変換して器官内分泌物を誘導流出させる体位排疾法、胸
    郭の稼動域を維持増大するための徒手胸郭伸張法などがある。
    ・ 呼 吸訓練 (腹式呼吸)
    たいてい呼吸困難のときは一回換気量の少ないのを呼吸数の増加によつて補
    おうとしている。そのため浅い。早い・効率の悪い呼吸になっている。これ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。