吸引

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,939
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    幼児目的小児時間不安呼吸抵抗協力看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1、 目的
    1)分 泌物が多いあるいは自力で分泌物の喀出ができない小児に対して、上気
    道の分泌物を除去し、気道を確保する。
    2)意 識障害や麻酔後の小児に対して、日腔内の分泌物や吐物を除去し、誤疎
    性肺炎や窒息を防ぎ、気道を確保する。
    2、 必要物品
    コ吸引カテーテル ・ 吸引機(中央配管接続型、充電式ポータブルなど)
    ・アルヨール綿 口 聴診器 ・ カテーテル洗浄用水
    ・ディスポーサブル手袋 口 吸入セット
    必要時…酸素 ・ジャクソンリース ・マスク、バイブレーター
    加圧マスク、バスタオル
    3、 実施
    1)小 児に関する情報収集を行う
    呼吸状態、経皮的動脈血酸素飽和度モニター値の観察や胸部の聴診を行
    い、呼吸音、喘鳴の有無、分泌物の貯留部位などを確認する。授乳や食事
    直後に吸引すると、嘔吐を誘発するため、授乳や食時間を確認する。
    2)必 要物品を準備する
    小児に適した吸引カテーテルを選択する。
    吸引カテーテル 吸引庄
    '新生児 i6~ 7Fr i90mm H宮 前後
    1乳幼児 !7~ 10Fr 1 100~ 200mm H g
    i学童 10Fr 200~ 300mm H g
    3)吸 ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。