各精神薬について 抗精神病薬など

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数647
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    障害運動精神神経精神病副作用血圧薬物身体臨床看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.抗 精神病薬
    抗精神病薬は強力精神安定薬であり、メジャー・トランキライザーとも呼ばれている。
    1)持 続性効果のある注射剤としては、フェノチアジン系のエナント酸、及びデカン酸の
    フルフエナジン、ブチロフェノン系ノデカン酸ハロペリドールがある。
    2)主 な臨床作用
    抗幻覚,妄想作用・鎮静作用がある。主として、統合失調症、うつ病をはじめ、上記の臨
    床作用が期待される各種の精神疾患に作用される。
    3)主 な副作用
    もともと薬には、その薬自体が薬理学的に持つている特性である。その特性が治療上好
    ましくない状態で心身に反映するものを随伴症状と呼び、本来の富l作用とは区別される。
    抗精神薬の場合、副作用といつてもその大半は随伴症状であり、錐体外路症状と自律
    神経症状に分かれる。
    <可 逆性錐体外路症状>
    ・パーキンソン症状(パーキンソニズム)
    筋強剛、運動減少、振戦、流涎、仮面様顔貌、小刻みに引きずるような歩行
    ,アカシジア(静座不能)
    下肢のムズムズした異常感、じつとしていられない、イライラする、座っていられない
    ,急性ジストエア(ジスキネジア)
    頸部が側方に突つ張る(斜頸)、舌突出、眼球に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。