デイケアの目的と対象者

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数4,022
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    社会家族問題自立生活援助看護技術集団看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    デイケアの目的と対象者
    目的
    デイケアの目的は、集団を単位として社会生活機能の回復をはかることである。端
    的にいえば、昼間の一定時間、対象患者様と利用期間を限定したなかで、病院を離
    れ、家族と生活 しながら、また、デイケア施設に入所 しながら、日常的に社会で生
    活する技術と知識を身に付け、社会参加を容易にしていくことである。
    デイケアの治療効果には次の5が ある。
    ① 生活場面と治療場面の区分によって治療の場が確保される。
    ② 精神病院と社会との接点となりうる。
    ③ 家族ぐるみ、地域ぐるみの治療が可能である。
    ④ 職業訓練的、前職業訓練的要素をもちうる。
    ⑤ 集団療法が可能であり、対人関係の回..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。