サードスペースについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数37,369
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    テロ細胞ホルモン感染循環看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    サー ドスペースについて
    手術操作により、血管壁の破壊や、細胞に損傷を受けることにより、
    水分、ナ トリウムが細胞外にもれ、細胞と細胞の間に移行して形成さ
    れた腫脹がサー ドスペース。サー ドスペースに貯留した体液は有効な
    循環血液量としては使用することができない。そのため手術直後~ 1
    日目までは尿量の減少が起こる。(乏尿期)
    サー ドスペースに貯留した体液は、手術後2~ 3日 後頃にはリンパ系
    を介して血管内に戻り、尿として排泄されるため、この時期は尿量が
    多くなる。(利尿期)
    手術後の尿量減少について
    サー ドスペースに体液が貯留し、循環血液量が減るための尿量減少の
    ほかにも、手術侵襲を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。