コミュニケーション支援

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数408
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    言葉障害老人援助看護理解行動変化方法看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1,コ ミュニケーション支援
    高齢者は、音を感じる器官や神経が加齢とともに変化し、五感のひとつである聞こえが
    悪くなる「老人性難聴」(感音性難聴)と車の中の音の通り道に中耳炎などの障害があっ
    て聞こえないもの(伝音性難聴)と、大別して二つのタイプがある。
    聴カレベルと聞こえは,0~10dB(正常)でほ「ささやき声まで完全に聞こえる」。10~
    60dB(軽度難聴)では「ささやき声・小さな声は聞きとりにくい」「聞き違いが多くなる」160
    ~90dB「耳介に接しないと大きな声がわからない」などのように関連しており,コミュニケ
    ーションが阻害され,孤立化に陥りやすい。聞こえ方に配慮した援助をすることが必要で
    ある。
    ① 使い慣れた補聴器があればその使用をすすめる。
    ② 補聴器が正常に作動しているかときどき確認する。
    ③ 記号やサインを用いる。
    ④ 大声で叫ぷのは禁物である。
    ③ 聞き手の注意を集める。話していることがわかるようにする。
    ⑥ まなざじ・アイコンタクトが重要。
    ② 顔の見える正面からゆっくりとはっきり話すのがよい。
    ③ 後ろから話しかけない。
    ③ タバヨ・ガムなどを口に入れたまま話..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。