便尿器の使用法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,510
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    女性評価指導方法行動目標予防男性看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    指導項目(便尿器の使用方法)
    目標 到達目標 指導内容 実施日 指導方法・評価方法 患者の安楽を考え排泄の援助を行うことができる 1.便尿器の使用目的が言える
    2.適切な便尿器を患者の状態に合わせ選択できる
    3.便尿器を与える為の準備ができる
    4.便尿器を与える際の留意点が言える(男女それぞれの場合)
    4.後片付けの留意点が言える
    ①疾病や障害、治療による行動制限のために、トイレで排泄行動ができない対象に対して、生命維持に欠かせない生理的欲求を満たす。
    ①尿器
     男性、女性ともに尿意のみの場合に用いる。
     例:ベッド上の安静が必要となる患者(手術後など)、女性の場合特にベッド上の安静が必要であ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。