鼻アレルギーレーザー治療

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数560
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    治療レーザーアレルギー看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    鼻アレルギーレーザー治療
    目的
    鼻粘膜を焼灼することにより、鼻炎の症状を緩和する
    適応
    アレルギー性鼻炎、肥厚性鼻炎
    必要物品
    KTPレーザー、鼻鏡、鼻用セッシ、吸引しかん、膿盆
    塩酸コカイン(コカイン0.25g+ワッサー5mL)、4%キシロカイン、0.1%ボスミン
    方法
    医師が患側の鼻腔に塩酸コカインを浸したガーゼ挿入した後、約30分待ってもらう
    レーザーを準備する
    30分後、診察椅子に座わってもらい、患者の頭を保持する
    医師が塩酸コカインガーゼを取り出し、鼻内を吸引する
    レーザーにて鼻粘膜を焼灼する
    看護のポイント
    処置中は頭部を動かさないように説明する。
    塩酸コ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。