皮膚科における外用療法(単純塗擦法)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数822
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    テロ方法治療種類感染看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    皮膚科における外用療法(単純塗擦法)
    目的
    外界からの刺激の遮断
    外用薬の皮膚への浸透
    炎症、痒みの抑制
    水分の蒸発の促進または抑制
    滲出液、痂皮の除去
    糜爛、潰瘍面の上皮化の促進
    増殖角層の除去
    皮脂の促進
    対象
    以下の疾患の患者
    皮膚炎群(アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、など)
    痒疹群(結節性痒疹、など)
    乾癬群(尋常性乾癬、掌蹠膿疱、など)
    紅皮症
    天疱瘡・疱疹状皮膚炎(天疱瘡、類天疱瘡、など)
    その他(虫刺症、サルコイドーシス、菌状息肉症、白斑、円形脱毛症など)
    必要物品
    軟膏・クリームなどの薬剤
    方法
    患者に治療の説明を行ない、協力を得る。
    病巣部分を露出させる。
    病巣に薄く擦り込む。広範囲の場合は均等に塗るため、先に何箇所か軟膏を振り分け手のひらで薄くのばしていく。塗る量は、触ってしっとりするまたは、皮膚がうっすら光沢を帯びている程度がよい。
    塗布する際は、きれいなところから塗っていく。上から下へと塗っていくとよい。また、何種類かのステロイド剤を使用している場合は、効果の弱いものから塗っていく。特に顔は吸収率が良いので弱い薬剤を使用..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。