乳幼児の胃、十二指腸造影

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数519
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    幼児乳幼児乳児栄養時間グラフ不安食事看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    乳幼児の胃、十二指腸造影
    目的
    嘔吐の原因を診断する。
    食道裂孔ヘルニア、食道炎、His角の状態、食道狭窄の有無など主に食道・胃の形態的な状態をみる。
    適応
    食道狭窄、噴門弛緩症、幽門狭窄、先天性十二指腸狭窄、十二指腸潰瘍、胃潰瘍、術後通過障害など
    必要物品
    紙コップ(バリウム用と含嗽用)または哺乳瓶(乳児用に用いる)あるいは栄養チューブ(年齢に応じて5~8号)、検査衣(年齢に応じたもの)、膿盆、ティッシュペーパー、造影剤、注射器(年齢にあわせ、20,30、50ml)、テープ、ガーグルベース、ガーゼ、救急薬品、アンビューバック、ゴム手袋、バスタオル
    方法
    1.準備
    患児に、理解でき..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。