乳房緊満

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数17,147
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護医療看護実習医・薬学看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    乳房緊満(正常なトラブル)
    褥婦は,出産後、乳汁分泌の機能が開始され,乳房への血流の増加・乳腺内圧の上昇・リンパ液のうっ滞から生じる浮腫による乳房緊満を体験する。
    通常,産褥3~4日目ころから6日目にかけて生じるに生じる。
    対処法
    ・児の欲求に合わせて頻回に授乳を行う(乳首の亀裂の有無を観察)
    ・緊満による疼痛が強い場合は,授乳と授乳の間に冷たいタオル等で冷湿布をして,痛みや浮腫を軽減する。
    ・さらに,授乳前に温湿布や温かいシャワーを浴びることによって,組織を弛緩させ,乳汁の分泌を促す。
    乳房の過度の充満により乳頭が扁平になり、児が乳頭や乳輪を含むことが困難となりやすいため,授乳前には乳頭・乳..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。