CTスキャン

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数938
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    金属副作用看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    CTスキャン
    目的
    X線を用いた断層撮影で、侵襲が少なく、高感度の検出器を用いて、人体を透過したX線量を求め、コンピュータで計算したX線吸収係数の分布から、画像を形成する。 通常のX線フィルムはとらえる事のできない微細な吸収値の差をとらえ、病変を描き出す事ができる。患者には殆ど苦痛を与えず検査ができる。(必要に応じて、造影剤を静脈注射して撮影する。)
    適応
    1.単純CT
    患者の臨床症状や各種検査において、形態的な異常(たとえば腫瘍や炎症、結石、血管異常、骨折、臓器肥大や萎縮)が疑われた場合
    2.造影CT    
    単純CTで明らかな異常が発見された場合、その異常がどのような性状をもってい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。