ベッド上の足浴の援助

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数3,114
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    温度看護看護学医療

    代表キーワード

    看護

    資料紹介

    床上足浴

    目的
    必要物品
    手順方法
    留意点
    根拠

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    足浴の援助(床上)
    目的:足部は疲労しやすく、就寝患者でも汚れやすいものであるので拭くよりも洗うことで汚れが落ちる。
    また温熱効果により全身を温め、疲労を回復させる
    必要物品:洗面器(用意の際40~42℃の湯)・石鹸・ウォッシュクロス・ビニールシート・バスタオル・
    枕・綿毛布・水入りピッチャー
    堺病院:患者バスタオル、ベースン大、液体石鹸、膝窩枕
    手順・方法 留意点 根拠 1) 手袋を装着し、必要物品を用意する
    2) 患者に実施の旨を伝える
    3) 掛け物を少し折り返した上から綿毛布をかけ、両肩に挟むようにし、掛け物を扇子折にして足元にまとめ、足を掛け物の上に出しておく
    4) 寝衣の裾を膝下まで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。