看護実習【患者の状態に合わせた全身清拭を行い、身体の清潔と爽快感を得られる】

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数60
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

     基礎看護実習Ⅰ        実践記録         担当指導者(         ) NO.   
     受持氏名 (   )氏      年齢     歳代    男   女           (   )G  学生氏名(          )
    月 日 曜日
    日目 
     実習 第 日目
    本日の看護目標 実施項目(  全身清拭  )
    患者の状態に合わせた全身清拭を行い、身体の清潔と爽快感を得られる
    本日の行動計画
    実施する方法・留意点
    実施・結果
    評価・考察
    〇ピッチャーに熱い湯(60℃)を入れワゴンに物品を準備する。
    〇患者に全身清拭について説明する。
    〇プライバシーが確保できるようにカーテンを閉める。
    ベースンに52~55℃の湯を入れる。
    (全身すべての部分に共通する清拭方法)
    〇ウォッシュクロスを手に巻く。その際クロス端が患者の皮膚に触れないように巻く。
    〇ベースンですすいだウォッシュクロスで1~2回清拭し、かわいたば
    スタオルやフェイスタオルで水分を拭き取る。(気化熱が奪われないようにする。)
    〇体位は患者の状態に合わせ端座位で行うかを患者の希望に合わせる。
    <顔、頸部の清拭>..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。