看護過程の展開1【脳梗塞患者のヘンダーソンの14項目に沿った看護観察と看護判断】

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数88
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

         基礎看護実習Ⅰ   情報記録用紙2
     ①呼吸・循環・体温 ②飲食 ③排泄 ④姿勢 ⑤睡眠・休息
    ⑥衣類 ⑦清潔 ⑧環境 ⑨コミュニケーション     
    受持患者(  B  )氏  年齢 60歳代     男  女
    疾患名(  脳梗塞                      )
    (  )G 学生氏名(        )
    項目
    観 察       
    判 断
    呼吸、循環、体温
    S)「苦しいことはないです」
      「生活習慣のせいでこの病気になったのは分ってますよ」
    O)12/9 T=36.5 P=66正 R=16肺音異常なし
      BP=140/90(平均130/90)
      高コレステロール血症、メチバロン内服中
    ②  飲食
       S)「100%食べてますよ。何でも食べれますし、食べることに不自由はないです。家の方で食事量が多かったです。美味しすぎるので食べすぎてしまうんですよね。梅干しは1個にしょうかと気をつけていますけど、煮物とか、漬物とか塩分の多いものが多いですね」
    O)体重85.5kg、身長169.5㎝、BMI29.7%検査データは?単球と中性脂肪のみ高め
    12/4(入院時)..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。