看護研究【転倒転落の危険性のある児への援助の工夫】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数20
閲覧数479
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    転倒転落の危険性のある児への援助の工夫
    ~ 成長発達段階に応じた援助 ~
    はじめに
    子供は大人への成長・発達の過程にあるため、その成長発達に応じた援助が必要である。
    1人の患児の事例を元に、その必要性について学びを得たのでここに発表する。
     情報
    <対象>:B氏 7歳7ヶ月の男児
    <発達段階>:学童期
    <現病歴>:自転車に乗車中に車と衝突事故を起こし、左大腿骨遠位骨幹部骨折にて入院となる。
     情報
    <受け持つまでの経過>
    ・入院5日目に観血的骨接合術を行い、牽引施行。
    ・現在は牽引は終了し、ADL拡大のため積極的にリハビリを行っていた。
    ・日常生活はすべてベッド上。しかし、患肢への荷重がかからなければ車椅子移乗は可能であった。
     アセスメント
    家族からの情報 → 明るくて活発な性格
    牽引で活動が抑    抑制解除の反動
     制され動けない  → により、活動拡大し
     ストレス          児自らが動く可能性
    学童期の特徴  → 知的好奇心や知識
                   欲の大盛な時期で
                   何事にも興味津々
     アセスメント
    実際の行動  → ベッドの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。