障害児に対する教育のあり方

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,560
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

            障害児に対する教育のあり方
    統合保育とは簡単に言えば、障害児を含めての保育という意味である。統合保育により、障害児は健常児からの刺激によって発達が促進され、健常児は本当の意味の福祉の心の芽生えが養われる。統合保育は別の言い方では「インテグレーション」といい、障害児を可能な限り健常児に近い生活を確保させることを「ノーマライゼーション」というのである。統合はノーマライゼーションの考え方の具体化の諸方策のひとつなので、3つのレベルがあるという考え方が一般的である。第一は、障害児のための専門的な教育機関(盲学校・聾学校・養護学校など)を、通常の小・中・高校と同一敷地か隣接地などに設置し、教育の場を近接させるというレベルの統合「位置的または場の統合」である。第二は、給食やクラブ活動や学校行事などにおいて障害児と健常児が一緒に活動することをめざすというレベルの統合「社会的統合」である。そして第三は、各教科の学習もふくめて障害児が通常の学級で全日をすごすというレベルの統合「機能的統合」である。位置的または場の統合が前進すれば社会的統合はいっそう容易になり、さらに機能的統合に向けての試みもしやすくなると考えられている。しかし、一言に障害児と言ってもいわゆる重症心身障害児など障害が重度で重複している子どもから、健常児との境目に位置するような障害の軽い子どもまでさまざまな子どもがいるので仮に位置的または場の統合ができて、すぐ近くに健常児がいても、社会的統合が簡単にできるわけではない。また、とくに障害の重い子どもについては、社会的統合にあたるとりくみを頻繁に行うことが適切だとは言えない子どもも少なくないのである。つまり、学校教育における統合は障害児をいつも健常児と一緒に学習させることだけを意味するのではないのである。日本において障害幼児に対する保育は大正時代に始まった。初めに始めたのは一九一六年、京都府立盲啞院聾啞部の幼稚科だ。また、一九二七年には東京盲学校に初等科予科(現在の盲学校幼稚部にあたる)が設置されたのである。障害児は子ども集団の中で生活する経験も与えられないで育つと、いろいろな能力を伸ばすことも、社会性を身につけることも、たいへんむずかしくなってしまうのである。そのうえストレスがたまって「問題行動」が出てしまう子どももいるようだ。しかし、困難をかかえるのは子どもだけではない。家の中で子どもと過ごす母親は、何をどうしてやればいいのか、分からない状態におかれる。専門家などから「子どもの発達のためには、子どもをしっかり受けとめてやり、楽しい遊びをいっぱいしてやることが大事です。」と助言された人は、そのように努力してはみますが、母と子の二人だけで遊んでみても発展性に乏しく、すぐに行きづまる。そうなると、母親はイライラしたり、落ち込んだりしてしまって育児不安に陥ってしまうのである。育児不安は今日本における教育の社会で大きな問題になっている。育児不安を抱えた母親が子どもを虐待してしまうというケースも少なくない。日本が保育所に障害児を受け入れて保育することを公式に認知して事業化したものは「障害児保育実施要綱」の策定(一九七四年)である。その要綱の対象となる子どもは、家庭において保育に欠けるという一般の保育所措置条件を満たし、かつ集団保育が可能で日々通所できる中程度の障害児であった。障害児でも健常児でも発達の基盤をなすのは、からだであり、健康の維持・増進である。健康なからだをつくることは、子どもの生活年齢または発達年齢が低いほど、発達全体を促進する上で重要

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

            障害児に対する教育のあり方
    統合保育とは簡単に言えば、障害児を含めての保育という意味である。統合保育により、障害児は健常児からの刺激によって発達が促進され、健常児は本当の意味の福祉の心の芽生えが養われる。統合保育は別の言い方では「インテグレーション」といい、障害児を可能な限り健常児に近い生活を確保させることを「ノーマライゼーション」というのである。統合はノーマライゼーションの考え方の具体化の諸方策のひとつなので、3つのレベルがあるという考え方が一般的である。第一は、障害児のための専門的な教育機関(盲学校・聾学校・養護学校など)を、通常の小・中・高校と同一敷地か隣接地などに設置し、教育の場を近接させるというレベルの統合「位置的または場の統合」である。第二は、給食やクラブ活動や学校行事などにおいて障害児と健常児が一緒に活動することをめざすというレベルの統合「社会的統合」である。そして第三は、各教科の学習もふくめて障害児が通常の学級で全日をすごすというレベルの統合「機能的統合」である。位置的または場の統合が前進すれば社会的統合はいっそう容易になり、さらに機能的統合に向けての試..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。