オズの魔法使いを読んで

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,696
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「オズの魔法使い」を読んだ私は、何を感じたかというと、「芽生えた友情から人間に必要なものを学び取れる」ということの発見だ。辛いことや楽しいことを一緒に経験し乗り越えた仲間がいつの間にか自分たちが欲しがっていたものをすでに手に入れている。それに気づいた主人公のドロシーは自分の望みも叶うのだが、仲間を見て人間に必要なものを獲ていたように思う。それはこの本を読んだもの達も気づかされるだろう。学び取れるのはいいことだけとは限らず、いけないことも学べる。本の中にはなかなかグロテスクな表現も載っている。これら全部を含めて「オズの魔法使い」は「芽生えた友情から人間に必要なものを学び取れる」といいたい。

     この作品のキーワードとされているのは、「優しい心と勇気と知恵」です。それは主人公ドロシーの仲間たちが各々欲しがるもので、それを求めて旅が始まりいろいろなことを得ていく、つまり読者は主人公になったつもりで読んでいくと「芽生えた友情から人間に必要なものを学び取れる」ということの発見に繋がるわけだ。はいろんなところで発見できそれのたびに考えさせられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「オズの魔法使い」を読んだ私は、何を感じたかというと、「芽生えた友情から人間に必要なものを学び取れる」ということの発見だ。辛いことや楽しいことを一緒に経験し乗り越えた仲間がいつの間にか自分たちが欲しがっていたものをすでに手に入れている。それに気づいた主人公のドロシーは自分の望みも叶うのだが、仲間を見て人間に必要なものを獲ていたように思う。それはこの本を読んだもの達も気づかされるだろう。学び取れるのはいいことだけとは限らず、いけないことも学べる。本の中にはなかなかグロテスクな表現も載っている。これら全部を含めて「オズの魔法使い」は「芽生えた友情から人間に必要なものを学び取れる」といいたい。
     この作品のキーワードとされているのは、「優しい心と勇気と知恵」です。それは主人公ドロシーの仲間たちが各々欲しがるもので、それを求めて旅が始まりいろいろなことを得ていく、つまり読者は主人公になったつもりで読んでいくと「芽生えた友情から人間に必要なものを学び取れる」ということの発見に繋がるわけだ。はいろんなところで発見できそれのたびに考えさせられる。これらはドロシーの仲間たちが欲しがるもので、まずはそれ..

    コメント1件

    s05854km 購入
    参考になりました
    2007/07/03 15:48 (9年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。