恒星が誕生してから死ぬまでの過程について

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数744
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート恒星主系列星赤色矮星

    代表キーワード

    恒星

    資料紹介

    星の活動
     恒星の一生は、4つの基本的相互作用(強い相互作用、弱い相互作用、電磁相互作用、万有引力)の活動である。星の誕生は、万有引力によって起こる。星間雲(星間物質が比較的大きい密度で存在する所=宇宙全体比に対してH,Heが97〜98%(宇宙全体比)うちHが70〜75%でHeが23〜28%をしめる、残りは塵である(ただし宇宙全体は真空に近い))の中の星間物質に星間雲の体積を収縮しようとする働き(万有引力)と、それを妨げる働き(遠心力等)が起きる。宇宙の長い時間の中で星間雲の密度が高くなる部分ができる。その部分に質量が集中し、自己の持つ重力のために収縮をはじめ、収縮を妨げようとする力を重力が上回り、星間物質が多量に収縮を始めることが、新しい恒星の誕生となる。収縮した多量の星間物質により、星の中心部では中心に向かう運動エネルギーが熱エネルギーに変わり始め(エネルギー保存の法則)その温度が上昇してゆく。そして、原子から電子が吹き飛ばされ原子核と電子が分離したプラズマ状態となる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       恒星が誕生してから死ぬまでの過程
    について
                              
    星の活動
     恒星の一生は、4つの基本的相互作用(強い相互作用、弱い相互作用、電磁相互作用、
    万有引力)の活動である。
    星の誕生は、万有引力によって起こる。星間雲(星間物質が比較的大きい密度で存在する
    所=宇宙全体比に対してH,Heが97~98%(宇宙全体比)うちHが70~75%で
    Heが23~28%をしめる、残りは塵である(ただし宇宙全体は真空に近い))の中の
    星間物質に星間雲の体積を収縮しようとする働き(万有引力)と、それを妨げる働き(遠
    心力等)が起きる。宇宙の長い時間の中で星間雲の密度が高くなる部分ができる。その部
    分に質量が集中し、自己の持つ重力のために収縮をはじめ、収縮を妨げようとする力を重
    力が上回り、星間物質が多量に収縮を始めることが、新しい恒星の誕生となる。収縮した
    多量の星間物質により、星の中心部では中心に向かうに変
    始め(存の)そのが上て。 そして、から電
    電分たとなる。星間物質の大部分はであ
    るため大部分がとなる、となり高い持ったが相互に作
    用する電なにて、一(..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。