電子の配位の仕組みとイオン結合、共有結合について

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数735
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    楕円軌道は、ボーアの理論では、電子軌道は円軌道である。遊星運動は楕円軌道も存在する。楕円軌道式は、定常状態にあるときに、長軸半径=a、短軸半径=b a≧bであるとき、a=n2×a0(ボーア半径) b=n(ℓ+1)×a0(ボーア半径)で、ℓ(副量子数(方位量子数))=(n(主量子数)−1)で、電子エネルギーは主量子数の値で決まる。楕円軌道運動時の電子のエネルギー=−1/n2×w0(イオン化エネルギー)である。傾きに作用する磁気量子数(m)は、m=1の時上向き、m=0の時横向き、m=−1の時下向きにそれぞれ作用する。スピン(電子の自転)に作用する自転量子数(ms)の値は、±1/2 である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       電子の配位の仕組みとイオン結合、共有結合について
                               
                                      
     
     電子の軌道
    楕円軌道は、ボーアの理論では、電子軌道は円軌道である。遊星運動は楕円軌道も存在す
    る。楕円軌道式は、定常状態にあるときに、長軸半径=a、短軸半径=b a≧bである
    とき、a=n

    ×


    (ボーア半径) b=n( +1) ℓ
    ×


    (ボーア半径)で、 (副量子数 ℓ
    (方位量子数))=(n(主量子数)-1)で、電子エネルギーは主量子数の値で決まる

    楕円軌道運動時の電子のエネルギー=-1/n

    ×


    (イオン化エネルギー)である。傾
    きに作用する磁気量子数(m)は、m=1の時上向き、
    m

    0
    の時横向き、m=-1の時
    下向きにそれぞれ作用する。スピン(電子の自転)に作用する自転量子数(ms)の値は

    ±1

    2
     である。定常状態は以上
    4
    つの量子数(n, ,m,ms)の値で決まる、また水 ℓ
    素の場合は量子数がn=1、 =0、m=0、ms= ℓ
    ±1

    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。