人格形成と学習理論

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,530
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    認知主義の学習諸理論と行動主義の学習理論の対比と特徴
                               
    学習と学習理論
    心理学は「行動の科学」ともいわれ、中心テーマは「動物の行動学習」であり、動物の行動の分類は「生得的行動=反射・本能」と「習得的行動=学習」に分けられるが、人間の行動の特徴は習得的行動が特に、質・量にわたって重要であることである。
    学習理論は以下の二つに分類される。
    1、行動理論(刺激―反応理論)=古典的条件付け、オペラント条件付け
    行動主義における「学習」の定義は、練習や経験の結果として生じる、比較的永続的な行動の変容課程である。これは、薬物や疲労等の原因で起こる一時的な変化を除く、後天的な行動の変化を指す。
    2、認知理論=記号学習、ゲシュタルト理論、情報処理理論
    認知理論における「学習」の定義は、繰り返し同種又は類似した、問題を解いたり作業を行うことにより、成績の向上をもたらすシステム内部の変化の総称=知識構造の変化を指す。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       認知主義の学習諸理論と行動主義の学習理論の対比と特徴
                                   
    学習と学習理論
    心理学は「行動の科学」ともいわれ、中心テーマは「動物の行動学習」であり、動物の行動の分類は「生得的行動=反射・本能」と「習得的行動=学習」に分けられるが、人間の行動の特徴は習得的行動が特に、質・量にわたって重要であることである。
    学習理論は以下の二つに分類される。
    1、行動理論(刺激―反応理論)=古典的条件付け、オペラント条件付け
    行動主義における「学習」の定義は、練習や経験の結果として生じる、比較的永続的な行動の変容課程である。これは、薬物や疲労等の原因で起こる一時的な変化を除く、後天的な行動の変化を指す。
    2、認知理論=記号学習、ゲシュタルト理論、情報処理理論
    認知理論における「学習」の定義は、繰り返し同種又は類似した、問題を解いたり作業を行うことにより、成績の向上をもたらすシステム内部の変化の総称=知識構造の変化を指す。
    学習の種類は以下の2つに分類される。
    1、分野を並列的に分類するもの
    「条件付け、がく運動学習、言語学習、高次学習、社会的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。