福田歓一と近代の政治思想について?

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,020
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    1.近代国家の土台となった絶対主義
    近代国家の顕著な特徴は税収を一枚の命令書で行えることにあるが、これは、絶対主義国家制度の名残である。また、絶対主義時代には徴兵制により常備軍が編成されるようにもなり、これらの税収・常備軍を持つことにより絶対主義的地域国家を編成しうることが可能となった。その地域国家では国家は君主の私有財産とみなされ(これを家産国家という)、そこでは政治は君主の家計の切り盛りと同義となった。さらに、権力発動に伴う権力機関の効率化のため官僚制が登場した。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       福田歓一と近代の政治思想についてⅡ
                                 
    1.近代国家の土台となった絶対主義
    近代国家の顕著な特徴は税収を一枚の命令書で行えることにあるが、これは、絶対主義国家制度の名残である。また、絶対主義時代には徴兵制により常備軍が編成されるようにもなり、これらの税収・常備軍を持つことにより絶対主義的地域国家を編成しうることが可能となった。その地域国家では国家は君主の私有財産とみなされ(これを家産国家という)、そこでは政治は君主の家計の切り盛りと同義となった。さらに、権力発動に伴う権力機関の効率化のため官僚制が登場した。君主は権力行使の国民への説..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。