丸山真男と近代日本政治思想について?

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数472
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    イメージと弊害
    時として、イメージは本物とかけ離れてしまう。イメージは人間が環境に効率よく適用するためのもので、そのイメージには常に予測と期待が含まれている。それらは本物と直に接することにより修正が図られ、より本物に近いイメージにと変わってゆくのが正しいあり方である。しかし、多様な現代社会において、直に接することのないモノにたいしては、修正されないイメージを修正する機会のないまま、そのイメージを頼りに社会生活をおくらなければならない。そして、それが進行すると現実とイメージの間に大きな壁ができあがる。こうして本物と隔離されたイメージは本物とは全く別の存在であるのだが、そのイメージが多くの人に共通のモノになると、本物よりもそのイメージの方がリアリティーを持つようになってしまう。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    丸山真男と近代日本政治思想について2
                                 
    イメージと弊害
    時として、イメージは本物とかけ離れてしまう。イメージは人間が環境に効率よく適用するためのもので、そのイメージには常に予測と期待が含まれている。それらは本物と直に接することにより修正が図られ、より本物に近いイメージにと変わってゆくのが正しいあり方である。しかし、多様な現代社会において、直に接することのないモノにたいしては、修正されないイメージを修正する機会のないまま、そのイメージを頼りに社会生活をおくらなければならない。そして、それが進行すると現実とイメージの間に大きな壁ができあがる..

    コメント1件

    hrm12ch 購入
    参考になりました。
    2007/01/19 20:47 (9年11ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。