西アジアの石油資源について

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,042
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.資源の分布と輸出状況
    2000年度の世界の原油生産量はOPEC加盟国が約42% 非OPEC加盟国が約58%である。OPEC加盟国内ではサウジアラビアが8,378、000バレル/日と最も多く、次いでイランが3,568,000バレル/日 となっている。他の西アジアの国では、アラブ首長国連邦が2,228,000バレル/日、クウェイトが2,088,000バレル/日、イラクが2,682,000バレル/日と、なっている。 また、OPECの原油確認埋蔵量は約814,399百万バレル、可採年数が79年となっている。OPECの確認埋蔵量は全世界の確認埋蔵量の約79%を占めている。OPEC加盟国内ではサウジアラビアが261,700百万バレル、イラクが112,500百万バレル、アラブ首長国連邦が97,800百万バレル、イランが89,700百万バレル、クウェイトが96,500百万バレル1、リビアが29,500百万バレル、その他のOPEC諸国が22,357百万バレルである。西アジアからのわが国への原油輸入比率の推移は、1980年度はOPECからの輸入は全輸入量249,199,000kℓの86,2%を占めている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      西アジアの石油資源について
    1.資源の分布と輸出状況
     2000年度の世界の原油生産量はOPEC加盟国が約42% 非OPEC加盟国が約58%である。 OPEC加盟国内ではサウジアラビアが8,378、000バレル/日と最も多く、次いでイランが3,568,000バレル/日 となっている。他の西アジアの国では、アラブ首長国連邦が2,228,000バレル/日、クウェイトが2,088,000バレル/日、イラクが2,682,000バレル/日と、なっている。 また、OPECの原油確認埋蔵量は約814,399百万バレル、可採年数が79年となっている。 OPECの確認埋蔵量は全世界の確認埋蔵量の約79%を占めている。OPEC加盟国内ではサウジアラビアが261,700百万バレル、イラクが112,500百万バレル、アラブ首長国連邦が97,800百万バレル、イランが89,700百万バレル、クウェイトが96,500百万バレル1、リビアが29,500百万バレル、その他のOPEC諸国が22,357百万バレルである。西アジアからのわが国への原油輸入比率の推移は、1980年度はOPECからの輸入は全輸入量249,1..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。