福田歓一と近代政治思想について

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数393
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    1.権力とは
    人が人を何らかの形で動かす社会の組織技術(art)としての「政治」なるものの手段性を普通「権力」と呼ぶ。つまり、「権力」は人間の行動を「制御」または「規制」する手段のことである。仮に全ての権力が強制力を行使するものであるとした場合、動かす側と、動く側に主体と客体または支配と服従と呼ばれる政治的な上下関係の図式が生じる、これらを形成する要因となる強制力は、単に直接的(政治的・暴力的)な強制力だけではなく、経済的強制力や選挙などで用いられる感覚的強制力とさまざまである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       福田歓一と近代政治思想について
                                   
    1.権力とは
     人が人を何らかの形で動かす社会の組織技術(art)としての「政治」なるものの手段性を普通「権力」と呼ぶ。つまり、「権力」は人間の行動を「制御」または「規制」する手段のことである。仮に全ての権力が強制力を行使するものであるとした場合、動かす側と、動く側に主体と客体または支配と服従と呼ばれる政治的な上下関係の図式が生じる、これらを形成する要因となる強制力は、単に直接的(政治的・暴力的)な強制力だけではなく、経済的強制力や選挙などで用いられる感覚的強制力とさまざまである。これらの強制..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。