科学的立場から見た生命

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数357
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート生命生気論機械論

    代表キーワード

    生命機械論生気論

    資料紹介

    科学的な意味で説明すると、生命には外環境と内環境を分けるための膜が存在する。また、その外と内でのエネルギーのやりとり、物質の代謝(物質交代:身体を構成する細胞がたえず壊されていくのを補うためにとり入れた食物を分解、再合成して細胞成分を更新、再生し、細胞が活動するためのエネルギー源をとり入れること。)、そして物質を介しての情報のやりとりを行う機能を備えていることや、その他に自己複製、自己組織化、自己維持、並びに自己進化ができることなどが、シンプルな生命としての要素としてあげられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科学的立場から見た生命
    生命の定義
    生命の定義は岩波生物学辞典によれば、生命の本質的属性として象徴されるものであって、それにより個体が保存され、長い間には進化が起こり得るもの。と、されている。
    科学的な意味で説明すると、生命には外環境と内環境を分けるための膜が存在する。また、その外と内でのエネルギーのやりとり、物質の代謝(物質交代:身体を構成する細胞がたえず壊されていくのを補うためにとり入れた食物を分解、再合成して細胞成分を更新、再生し、細胞が活動するためのエネルギー源をとり入れること。)、そして物質を介しての情報のやりとりを行う機能を備えていることや、その他に自己複製、自己組織化、自己維持、並びに自己進化ができることなどが、シンプルな生命としての要素としてあげられる。         
    M.J.シュライデンやT.シュワンは、地球上の生物は全て細胞で作られている。それらの細胞は共通の化学組成と構成元素をもっている。また、生きた細胞には代謝、増殖(自分と同じ個体を増やすこと)がみられるとした。しかし、実際は現代科学をもってしても、生命を定義付けるということは容易ではない。
    生命に対する観..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。