細胞死について

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数968
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    二つの細胞死
    細胞死にはアポトーシスとネクローシスの二種類の形態がある。ネクローシスは火傷など過激な刺激により細胞が死ぬ現象で、壊死とも呼ばれる細胞死である。アポトーシスはこれとは異なり、壊死と違い細胞の膨大化が起きず、むしろ細胞が縮小する細胞死で、1972年にイギリスのJ.F.R.カーにより発見された。
    ネクローシスの概要
    壊死の過程での細胞の形態的、生理的変化は、細胞膜と細胞内小器官(特に細胞質のミトコンドリア)から始まる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       細胞死について
    二つの細胞死
    細胞死にはアポトーシスとネクローシスの二種類の形態がある。ネクローシスは火傷など過激な刺激により細胞が死ぬ現象で、壊死とも呼ばれる細胞死である。アポトーシスはこれとは異なり、壊死と違い細胞の膨大化が起きず、むしろ細胞が縮小する細胞死で、1972年にイギリスのJ.F.R.カーにより発見された。
    ネクローシスの概要
    壊死の過程での細胞の形態的、生理的変化は、細胞膜と細胞内小器官(特に細胞質のミトコンドリア)から始まる。ミトコンドリアの膨大化に伴い細胞も徐々に膨大化し、それへのリン酸カルシウムの沈着によりATP生産が止まり、細胞内外のイオンバランスが崩れて浸透圧調..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。