ホメオスタシスの仕組みについて

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数4,773
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.ホメオスタシスとは何か
    ホメオスタシスとは恒常性の維持機能 即ち、自律神経系、内分泌系、免疫系が互いに調節し合い(相関)正常な心身状態を保とうとする働きをいう。つまり身体や周囲の環境が、少し正常な状態から外れた状況の場合に身体が勝手に判断して正常な状態(健康)にもどす反応が現れる現象のことである。これらの機能には、ウィルスや細菌等の侵入に対して身体からそれらを除去しようとする生態防御反応等がよく知られているが、その他にも体温調節機能によって、気温の変化に応じて、寒いときには鳥肌が立ち、体温の放散を抑制し、逆に暑いときには汗をかき、体温の放散を促進するといった働きや、血流量の調節機能では、激しい運動を行った時は心臓の拍動が早くなり、心臓から送り出す血液の量が増加し、逆に休息時には拍動は遅くなり、心臓から送り出す血液の量は減少するなどといった働きをするものなどがある。
    2.ホメオスタシスを維持する仕組み
    ホメオスタシスは、自律神経系と各種ホルモンによって微妙に調節されている。自律神経系には交感神経系と副交感神経系があり、大脳の支配からほぼ独立した形で働く。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ホメオスタシスの仕組みについて
    1.ホメオスタシスとは何か
    ホメオスタシスとは恒常性の維持機能 即ち、自律神経系、内分泌系、免疫系が互いに調節し合い(相関)正常な心身状態を保とうとする働きをいう。つまり身体や周囲の環境が、少し正常な状態から外れた状況の場合に身体が勝手に判断して正常な状態(健康)にもどす反応が現れる現象のことである。これらの機能には、ウィルスや細菌等の侵入に対して身体からそれらを除去しようとする生態防御反応等がよく知られているが、その他にも体温調節機能によって、気温の変化に応じて、寒いときには鳥肌が立ち、体温の放散を抑制し、逆に暑いときには汗をかき、体温の放散を促進するといった働きや、血流量の調節機能では、激しい運動を行った時は心臓の拍動が早くなり、心臓から送り出す血液の量が増加し、逆に休息時には拍動は遅くなり、心臓から送り出す血液の量は減少するなどといった働きをするものなどがある。
    2.ホメオスタシスを維持する仕組み
    ホメオスタシスは、自律神経系と各種ホルモンによって微妙に調節されている。自律神経系には交感神経系と副交感神経系があり、大脳の支配からほぼ独立した形で働く..

    コメント2件

    katsurakatsu 購入
    程よくまとまっていてわかりやすかった
    2006/09/12 16:50 (10年3ヶ月前)

    mejika777 購入
    ありがとうございました。
    2007/05/23 11:09 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。