法の解釈の意義をのべ、「論理解釈」に含まれる解釈の諸方法について体系的に整理して説明する

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,202
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    法の解釈の意義をのべ、「論理解釈」に含まれる解釈の諸方法について体系的に整理して説明する。
    法解釈の意義と定義
    法の解釈は、自然科学における真理の探求とは異なり、また、古典の解釈のように、文学において文章の意味を明らかにするのとも異なっている。法の解釈とは、法が何を望み、何を排斥しようとしているのか、という法の本質を洞察することであるから、そこに人間の価値判断(価値観)が介入することを避けることができない。しかし、価値判断(価値観)は、厳密に言えば、各人各様であるといえる。けれども、これが法の解釈である以上、一般的取り決めとして設けた枠をはみ出すことは許されない。しかし、判断の基礎に価値観の相違が見られる以上、一つの法に複数の解釈が存在する可能性がある。そこでは、歴史の進歩する方向に従って、社会的現実に即した判断をすべきであり、妥当、かつ、正当な解釈を求めるべきであると考える。成文法(法が文章によってあらわされたもの)、不文法(慣習法、判例法)についても、それぞれの解釈が行われなければならない。解釈の方法については、立法者が法律制定の時にもっていた意思を探求し明確にしてから再現すべきであるとする、立法者意思説。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       法の解釈の意義をのべ、「論理解釈」に含まれる解釈の諸方法について体系的に整理して説明する
    法解釈の意義と定義
    法の解釈は、自然科学における真理の探求とは異なり、また、古典の解釈のように、文学において文章の意味を明らかにするのとも異なっている。法の解釈とは、法が何を望み、何を排斥しようとしているのか、という法の本質を洞察することであるから、そこに人間の価値判断(価値観)が介入することを避けることができない。しかし、価値判断(価値観)は、厳密に言えば、各人各様であるといえる。けれども、これが法の解釈である以上、一般的取り決めとして設けた枠をはみ出すことは許されない。しかし、判断の基礎に価値観の相違が見られる以上、一つの法に複数の解釈が存在する可能性がある。そこでは、歴史の進歩する方向に従って、社会的現実に即した判断をすべきであり、妥当、かつ、正当な解釈を求めるべきであると考える。成文法(法が文章によってあらわされたもの)、不文法(慣習法、判例法)についても、それぞれの解釈が行われなければならない。解釈の方法については、立法者が法律制定の時にもっていた意思を探求し明確にしてから再現すべ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。