一国の国内法令の適用についての空間的および対人的限界につき説明する

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数331
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    法の適用 
    法は一般的に、人間の共同生活の場において統一と秩序を与えようとするものである。
    例えば、国家の政策を実現する手段として用いられたり、社会に生じた紛争を解決する基準として用いられる。私は今、日本にいるので日本在住の国民として日本の法の適用を受ける、日本の法は属地主義が原則であり、属地主義とはその人間がいる国(ここでは日本)の法を適用する考え方でその領域内において国民、外国人の区別なく、すべての人、物、事実に対して日本の法を適用するという考え方である。そのため、国内の私の外国人の知人は私同様に日本の法の適用を受ける。 この逆に属人主義はその人が所属する国を離れてもその所属する国の法律を適用するというものである。例えば、国際公域では特定の国の領域主権の設定は禁止されているため、人、船舶、航空機、宇宙物体には国籍・登録に基づく各国の属人的な管轄権が行使されている。   (重複している)『 本来、国内法は国内で起きた問題に関してしか、原則的には適用されない。なぜならば、法が確実に機能するためには、その効力を何らかの権力機構が、支えることが必要だからである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    一国の国内法令の適用についての空間的および対人的限界につき説明する。
    法の適用 
    法は一般的に、人間の共同生活の場において統一と秩序を与えようとするものである。
    例えば、国家の政策を実現する手段として用いられたり、社会に生じた紛争を解決する基準として用いられる。私は今、日本にいるので日本在住の国民として日本の法の適用を受ける、日本の法は属地主義が原則であり、属地主義とはその人間がいる国(ここでは日本)の法を適用する考え方でその領域内において国民、外国人の区別なく、すべての人、物、事実に対して日本の法を適用するという考え方である。そのため、国内の私の外国人の知人は私同様に日本の法の適用を受ける。 この逆に属人主義はその人が所属する国を離れてもその所属する国の法律を適用するというものである。例えば、国際公域では特定の国の領域主権の設定は禁止されているため、人、船舶、航空機、宇宙物体には国籍・登録に基づく各国の属人的な管轄権が行使されている。   (重複している)『 本来、国内法は国内で起きた問題に関してしか、原則的には適用されない。なぜならば、法が確実に機能するためには、その効力を何らかの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。