「社会法」発生の由来を説明し、「社会法」に含まれる諸法を分類して説明する

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数593
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会法発生の由来
    近代法
    ヨーロッパでの資本主義経済の発展、清教徒革命や名誉革命、フランス革命などを経て、それまでの身分制社会にかわって成立した近代市民社会では、商品交換関係は、流通過程のみならず、あらゆる経済課程すべてに成立するようになり、労働者の労力も商品として売買の対象となった。それに伴い成立した近代市民法では、資本主義経済を支える商品交換制度を保障するため、権利能力平等の原則・私的所有権絶対の原則・私的自治の原則が定められた。それにより経済活動における個人の自由が強調され、国家はそれをみだりに抑えつけず、むしろ個人の任意な経済活動を保護すべきであると考えられた。その結果、国家は自由放任の政策を取ることになり、ここに近代市民社会は、公法・私法という二元的体系を特色とする近代法を生み出すこととなった。
    社会法
    社会法とは、実定法の特定領域の名称として、主にドイツ、フランスにおいて使用され、その定義は多種多様であるが、通常は、資本制社会の維持を前提とした諸矛盾に対応、若しくは解消しようとする法である。産業革命以後、世界各国で工場生産が発達してくるのに伴って、少数の富める資本家と多数の貧しい労働者間の労使関係が深刻な社会問題と化してくるようになった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       「社会法」発生の由来を説明し、「社会法」に含まれる諸法を分類して説明する
    社会法発生の由来
    近代法
    ヨーロッパでの資本主義経済の発展、清教徒革命や名誉革命、フランス革命などを経て、それまでの身分制社会にかわって成立した近代市民社会では、商品交換関係は、流通過程のみならず、あらゆる経済課程すべてに成立するようになり、労働者の労力も商品として売買の対象となった。それに伴い成立した近代市民法では、資本主義経済を支える商品交換制度を保障するため、権利能力平等の原則・私的所有権絶対の原則・私的自治の原則が定められた。それにより経済活動における個人の自由が強調され、国家はそれをみだりに抑えつけず、むしろ個人の任意な経済活動を保護すべきであると考えられた。その結果、国家は自由放任の政策を取ることになり、ここに近代市民社会は、公法・私法という二元的体系を特色とする近代法を生み出すこととなった。
    社会法
    社会法とは、実定法の特定領域の名称として、主にドイツ、フランスにおいて使用され、その定義は多種多様であるが、通常は、資本制社会の維持を前提とした諸矛盾に対応、若しくは解消しようとする法である。産業..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。