世界保健機構の概要

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数636
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    WHOの概要について述べようと思う。
    WHOの設立
    1946年ニューヨークで開かれた世界保健会議が採択した世界保健機関憲章(1948年4月7日発行)によって設立された保健衛生の分野における国際機関であり 国際連合の経済社会理事会(ECOSOC)と協力関係を保ちながら、国連本体とは別途に加盟国を持ち、分担金を賦課することが可能な専門機関として位置づけられている。
    目的
    憲章第一条 「すべての人々が可能な最高の健康水準に到達すること」
    ここでいう健康とは身体的、精神的、社会的に完全な安寧を保っている状態をいい、単に病気や虚弱でないことだけを意味するものではなく、身体の健康、精神の健康、社会の健康を指すものであると 考えられる。
    主任務  
    1、国際保健事業の指導的調整機関としての役割を果たすこと。
    2、要請に応じ保健事業の強化のついて各国政府を支援すること。
    3、伝染病、風土病及び他の疾病の撲滅事業を奨励し、推進すること。
    4、国際保健に関して条約、協定及び規則を提案し、勧告を行うこと、並びにこれらの条約、協定、規則及び勧告が本機関に与え、かつ、本機関の目的に合致する業務を遂行すること。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       世界保健機構(World Health Organization) の活動について
                               
    WHOの概要について述べようと思う。
    WHOの設立
    1946年ニューヨークで開かれた世界保健会議が採択した世界保健機関憲章(1948年4月7日発行)によって設立された保健衛生の分野における国際機関であり 国際連合の経済社会理事会(ECOSOC)と協力関係を保ちながら、国連本体とは別途に加盟国を持ち、分担金を賦課することが可能な専門機関として位置づけられている。
    目的
    憲章第一条 「すべての人々が可能な最高の健康水準に到達すること」
    ここでいう健康とは身体的、精神的、社会的に完全な安寧を保っている状態をいい、単に病気や虚弱でないことだけを意味するものではなく、身体の健康、精神の健康、社会の健康を指すものであると 考えられる。
    主任務  
    1、国際保健事業の指導的調整機関としての役割を果たすこと。
    2、要請に応じ保健事業の強化のついて各国政府を支援すること。
    3、伝染病、風土病及び他の疾病の撲滅事業を奨励し、推進すること。
    4、国際保健に関して条..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。