心理療法について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数713
ダウンロード数31
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    心理療法の幅は広く、種類もカウンセラーの数だけ存在する。理論や技法と並び、カウンセラーの個性が非常に強く現れる。おしゃべり療法とも呼ばれる性質も持ち、会話を中心に行われる心理治療的な意図を持った会話であるともいえる。共通の目標は、クライエントの問題解決、不安や苦痛の軽減、最適応の自己コントロールの獲得である。
    心理療法の技法は、会話の仕方、問題の扱い方、治療目標のあり方、人間理解、パーソナリティ理論などに分類される。問題ごとに使い分けられるが、クライエントやカウンセラーのパーソナリティに会った傾向の方法が用いられる。
     その際には、クライエントを症状をも含めた一人の人間として理解し、人は自分の意思決定により成長と幸福に向かうこと(自己実現)のできる存在であると考えるべきである。    カウンセラーには以下の態度が必要とされる。
    ?無条件の肯定的配慮〜人格を尊重し、価値観の違いや社会とのずれも成長のためのものとして受容・承認していく肯定的な姿勢。
    ?共感的理解〜クライエントの体験や内的世界を自分自身の体験であるかのように理解し、感じ取る姿勢。同情的にならず、共感的態度であること。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心理療法について述べよ。
     心理療法の幅は広く、種類もカウンセラーの数だけ存在する。理論や技法と並び、カウンセラーの個性が非常に強く現れる。おしゃべり療法とも呼ばれる性質も持ち、会話を中心に行われる心理治療的な意図を持った会話であるともいえる。共通の目標は、クライエントの問題解決、不安や苦痛の軽減、最適応の自己コントロールの獲得である。
    心理療法の技法は、会話の仕方、問題の扱い方、治療目標のあり方、人間理解、パーソナリティ理論などに分類される。問題ごとに使い分けられるが、クライエントやカウンセラーのパーソナリティに会った傾向の方法が用いられる。
     その際には、クライエントを症状をも含めた一人の人間として理解し、人は自分の意思決定により成長と幸福に向かうこと(自己実現)のできる存在であると考えるべきである。    カウンセラーには以下の態度が必要とされる。
    ①無条件の肯定的配慮~人格を尊重し、価値観の違いや社会とのずれも成長のためのものとして受容・承認していく肯定的な姿勢。
    ②共感的理解~クライエントの体験や内的世界を自分自身の体験であるかのように理解し、感じ取る姿勢。同情的にならず、共..

    コメント1件

    matt1128 購入
    参考になりました
    2007/08/25 22:14 (9年3ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。