臨床心理学における人間理解の必要性および面接場面における留意点について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,158
ダウンロード数50
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート心理学受容共感傾聴

    代表キーワード

    心理学受容共感

    資料紹介

    何をもって健康・不健康とするのかはあいまいである。人の心の状態は、常に一定ではなく、同じ言葉でも、発する人やそのときの心理状況によって受け止め方や反応が変わる。また、身の回りの出来事は、安心や苦しみ、葛藤などの感情を生み出すものである。
    心理療法で面接を行うとき、治療者には、深い人間洞察力と温かい心が必要である。深い洞察力は、冷静さと技術を生み出し、温かい心は人間理解の根本となるからである。
    人は、それぞれ異なるため、理解することは難しい。まず、相手を理解しようという気持が相手に伝わることが大切である。何を言っても、相手が怒らないでわかってくれるという印象をもたなければ、誰も本当のことを話すことはできない。
    友人関係などの対等な関係ではなく、治療者とクライエントという関係では、クライエントにそれを望むことはできない。したがって、信頼関係を作る努力は、治療者が行わなければならない。ラポールを構築する際には、ロジャーズの共感と寛容の精神をもち、非指示の原則に則り、行うのが有効である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    臨床心理学における人間理解の必要性および面接場面における留意点について述べよ。
    何をもって健康・不健康とするのかはあいまいである。人の心の状態は、常に一定ではなく、同じ言葉でも、発する人やそのときの心理状況によって受け止め方や反応が変わる。また、身の回りの出来事は、安心や苦しみ、葛藤などの感情を生み出すものである。
    心理療法で面接を行うとき、治療者には、深い人間洞察力と温かい心が必要である。深い洞察力は、冷静さと技術を生み出し、温かい心は人間理解の根本となるからである。
    人は、それぞれ異なるため、理解することは難しい。まず、相手を理解しようという気持が相手に伝わることが大切である。何を言っても、相手が怒らないでわかってくれるという印象をもたなければ、誰も本当のことを話すことはできない。
    友人関係などの対等な関係ではなく、治療者とクライエントという関係では、クライエントにそれを望むことはできない。したがって、信頼関係を作る努力は、治療者が行わなければならない。ラポールを構築する際には、ロジャーズの共感と寛容の精神をもち、非指示の原則に則り、行うのが有効である。
    面接を行いながら、治療者は..

    コメント7件

    toratora 購入
    参考になりました
    2006/08/31 17:32 (10年3ヶ月前)

    hoxy6295 購入
    GOOD
    2006/12/24 22:24 (10年前)

    kenshiro1 購入
    分かりやすかったです。
    2007/02/15 16:43 (9年10ヶ月前)

    wakabadai 購入
    参考になりました
    2007/05/06 4:40 (9年7ヶ月前)

    aiko13 購入
    すごく参考になりました。
    2007/07/10 0:21 (9年5ヶ月前)

    bigcastle732 購入
    参考になります。
    2007/09/23 21:13 (9年2ヶ月前)

    kaigosi 購入
    よかった。
    2007/10/13 21:44 (9年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。