社会環境と発達病理について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数637
ダウンロード数44
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    心の問題を取り上げる上での判断基準とされているのが、アメリカの分類体系「DSM」である。精神的現象は様々な要素が複雑に絡み合って現れてくるので、DSMでは、1つの原因からというよりも、複数の症状がまとまっているという症候群を基にした分類体系を採用している。
     こうした症候群は、社会背景の影響も大きく、時代の変化につれて、新しい症候群が生まれる傾向にある。以下に、現代の社会環境に原因があると考えられる発達病理について述べる。
    1.学習障害
    知能の全般的な発達水準は、正常範囲にあり、目や耳に障害はないが、知能の部分的に偏りが多く見られる子どもがいる。これらの子どもたちは、文字は読めるのに書くことができない・数は書けるのに計算ができないなどの状態である。このように、特定の基礎的学習能力に関して著しい障害がある場合を学習障害という。
     学習障害の子どもは、集中力の欠落や運動能力の遅れ、対人関係のつまずきなど、日常生活に適応できないなどの問題が多く起こっている。
     原因は、学習機会に恵まれないことや脳損傷ではなく、不明である。男子は女子に比べ、4倍近い発症率であり、中枢神経系の機能障害といった生物学的な機能と環境が相互に影響しているのではないかと考えられている。
     症状は、様々で、親や教師が見落としてしまうと本人の勉強不足で片付けられてしまう可能性もある。
     対応策としては、親や教師の協力のもとに生育歴や既往歴などの情報を得て、アセスメントを行うこと・スクリーニングや行動観察による情報収集を行うことである。どこでつまずいているのか、何処から指導を始めたらよいのかを子どもに応じて考えていかなければならない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会環境と発達病理について述べよ。
     心の問題を取り上げる上での判断基準とされているのが、アメリカの分類体系「DSM」である。精神的現象は様々な要素が複雑に絡み合って現れてくるので、DSMでは、1つの原因からというよりも、複数の症状がまとまっているという症候群を基にした分類体系を採用している。
     こうした症候群は、社会背景の影響も大きく、時代の変化につれて、新しい症候群が生まれる傾向にある。以下に、現代の社会環境に原因があると考えられる発達病理について述べる。
    1.学習障害
    知能の全般的な発達水準は、正常範囲にあり、目や耳に障害はないが、知能の部分的に偏りが多く見られる子どもがいる。これらの子どもたちは、文字は読めるのに書くことができない・数は書けるのに計算ができないなどの状態である。このように、特定の基礎的学習能力に関して著しい障害がある場合を学習障害という。
     学習障害の子どもは、集中力の欠落や運動能力の遅れ、対人関係のつまずきなど、日常生活に適応できないなどの問題が多く起こっている。
     原因は、学習機会に恵まれないことや脳損傷ではなく、不明である。男子は女子に比べ、4倍近い発症率..

    コメント3件

    wakabadai 購入
    参考になりました
    2006/09/28 3:49 (10年2ヶ月前)

    torute 購入
    good
    2006/10/15 0:22 (10年2ヶ月前)

    sizu0523 購入
    よかった
    2007/06/30 12:22 (9年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。