保育とは何かについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数10,950
ダウンロード数38
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

     以前は、保育を行なうところを保育所、幼稚園は教育を行うところという考え方が定着していた。最近では、幼稚園に通う子ども、保育所に通う子どものどちらについても乳幼児に即した生活を尊重することが第一に考えられており、保育とは教育と養護が一体化したものと捉えられている。
    保育とは、保育所や幼稚園などで行われている集団施設保育と家庭における乳幼児の子育ての両方を含むものである。基本的には両方とも子育ての目的や目指すものは、同じである。
    保育所保育指針では、保育所における保育の特性を「養護と教育が一体となって豊かな人間性を持った子どもを育成すること」と述べている。
    保育という言葉の意味は、「安んじ育てること・撫育(かわいがって育てること)」「守り育てること・幼児の心身を保護し、正常な発達を遂げさせること」「幼児を保護し育てること」といったものである。
    養護とは、「子どもの身体や精神面や情緒に対する働きかけ、配慮、安全、保健、食事、休息、保護や世話、食欲・排泄などの生理的欲求の充足、受容、信頼、愛情などの安定保障など」を言う。
    教育とは、保育所保育指針や幼稚園教育要領のなかに示されている具体的な保育目標であるねらいやそれを達成するための具体的な保育内容を示した内容に従って、指導し、子どもに何らかの精神的影響を与え子供の発達を促すことである。
    以上のことから、保育とは、養護的な面と教育的な面の相互の性質を併せ持つものであり、養護と教育はどちらも欠かすことのできない一体化したものといえる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「保育」とは何かについて論ぜよ。
     以前は、保育を行なうところを保育所、幼稚園は教育を行うところという考え方が定着していた。最近では、幼稚園に通う子ども、保育所に通う子どものどちらについても乳幼児に即した生活を尊重することが第一に考えられており、保育とは教育と養護が一体化したものと捉えられている。
    保育とは、保育所や幼稚園などで行われている集団施設保育と家庭における乳幼児の子育ての両方を含むものである。基本的には両方とも子育ての目的や目指すものは、同じである。
    保育所保育指針では、保育所における保育の特性を「養護と教育が一体となって豊かな人間性を持った子どもを育成すること」と述べている。
    保育という言葉の意味は、「安んじ育てること・撫育(かわいがって育てること)」「守り育てること・幼児の心身を保護し、正常な発達を遂げさせること」「幼児を保護し育てること」といったものである。
    養護とは、「子どもの身体や精神面や情緒に対する働きかけ、配慮、安全、保健、食事、休息、保護や世話、食欲・排泄などの生理的欲求の充足、受容、信頼、愛情などの安定保障など」を言う。
    教育とは、保育所保育指針や幼稚園教育..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。