社会福祉援助の技術と援助過程について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,130
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉援助技術は、大きく3つに分類されている。直接援助技術と間接援助技術と関連援助技術である。
    直接援助技術は、個別援助技術(ケースワーク)と集団援助技術(グループワーク)から成り立つ。
    ?個別援助技術(ケースワーク)〜生活課題を抱える個人や家族を対象として、専門家が利用者の問題解決のために個別に援助する技術である。
    ケースワークの過程は、インテーク(受理)・調査・アセスメント(事前評価)・介入の段階をおって、ケースワーカーと利用者との対人関係を軸にして展開される。
    (1)インテーク(受理)〜利用者の問題が社会福祉機関に持ち込まれる段階である。援助者は、利用者の訴えを聴き、ニーズ・利用者の生活全体を把握しなければならない。援助者の所属する機関や施設が提供できるサービスについて、利用者に対し充分説明し、利用者の選択と自己決定を中心に、今後の方向付けを検討しなければならない。
    (2)調査〜インテークの結果、その問題を取り上げることが決まると調査の段階に進む。調査とは、利用者と利用者を取り巻く社会環境について必要な事実を収集することである。援助者は利用者の病的な側面だけではなく、利用者の持っているプラスの側面についても可能性を見なければならない。事実の収集をするときは、利用者の気持の流れに沿って、利用者自身から情報を収集するのが原則で、他から収集する場合は、利用者の了解を得なければならない。
    (3)アセスメント(事前評価)〜調査によって収集された事実を整理・分析し、援助の見通しが立てられるように解釈していく。援助者は、スーパービジョンを受けるなど、より正確なアセスメントへ近づく努力をしなければならない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉援助の技術と援助過程について述べよ。
     社会福祉援助技術は、大きく3つに分類されている。直接援助技術と間接援助技術と関連援助技術である。
    直接援助技術は、個別援助技術(ケースワーク)と集団援助技術(グループワーク)から成り立つ。
    ①個別援助技術(ケースワーク)~生活課題を抱える個人や家族を対象として、専門家が利用者の問題解決のために個別に援助する技術である。
    ケースワークの過程は、インテーク(受理)・調査・アセスメント(事前評価)・介入の段階をおって、ケースワーカーと利用者との対人関係を軸にして展開される。
    (1)インテーク(受理)~利用者の問題が社会福祉機関に持ち込まれる段階である。援助者は、利用者の訴えを聴き、ニーズ・利用者の生活全体を把握しなければならない。援助者の所属する機関や施設が提供できるサービスについて、利用者に対し充分説明し、利用者の選択と自己決定を中心に、今後の方向付けを検討しなければならない。
    (2)調査~インテークの結果、その問題を取り上げることが決まると調査の段階に進む。調査とは、利用者と利用者を取り巻く社会環境について必要な事実を収集することである。援..

    コメント2件

    wakabadai 購入
    参考になりました
    2006/09/07 4:03 (10年3ヶ月前)

    tomo25 購入
    参考になりました
    2007/01/04 15:56 (9年11ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。