施設で用いられる個別援助技術について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数532
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    施設で用いられる個別援助技術(ケースワーク)について述べよ。

     施設児童の生活の援助では、職員がいかにして児童の個別的ニーズを個別的に充足することができるかが重要である。また、施設養護での直接援助の基本的なねらいは、社会的な立場から行う子育てであり、年齢に応じた生活の自立を図ることである。
    この援助過程は、施設職員と子どもたちとの間で、現在直面している生活困難を媒介にして結ばれる援助関係であり、一連の援助が終われば、消滅するか、別の関係に移行する。援助過程が、職員側の一方的な思い込みや熱意等で形成されがちな現状に対して、一定の距離を置いた関係をいかにして形成していくのかが、重要な課題のひとつである。また、直接個人を対象とした支援であっても、公共性をもつ活動として社会的責任を伴っていることの意味を認識し、人権保障とニーズの充足に向けた対応のあり方が模索されねばならない。
    したがって、職員は、実践主体者として児童の生活への援助を担おうとする特別の姿勢と、敬意をもって相対する姿勢と人権を尊重するための接し方の技術として、特別の教育と訓練に基づいた手段・方法が必要とされる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    施設で用いられる個別援助技術(ケースワーク)について述べよ。
     施設児童の生活の援助では、職員がいかにして児童の個別的ニーズを個別的に充足することができるかが重要である。また、施設養護での直接援助の基本的なねらいは、社会的な立場から行う子育てであり、年齢に応じた生活の自立を図ることである。
    この援助過程は、施設職員と子どもたちとの間で、現在直面している生活困難を媒介にして結ばれる援助関係であり、一連の援助が終われば、消滅するか、別の関係に移行する。援助過程が、職員側の一方的な思い込みや熱意等で形成されがちな現状に対して、一定の距離を置いた関係をいかにして形成していくのかが、重要な課題のひとつである。また、直接個人を対象とした支援であっても、公共性をもつ活動として社会的責任を伴っていることの意味を認識し、人権保障とニーズの充足に向けた対応のあり方が模索されねばならない。
    したがって、職員は、実践主体者として児童の生活への援助を担おうとする特別の姿勢と、敬意をもって相対する姿勢と人権を尊重するための接し方の技術として、特別の教育と訓練に基づいた手段・方法が必要とされる。
    ケースワークとは、..

    コメント1件

    wakabadai 購入
    参考になりました
    2007/06/13 12:04 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。