生活習慣病について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数644
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    生活習慣病について述べよ。

    生活習慣病とは、特定の個々の疾患をさすのではなく、生活習慣が発症・進行に関与する一群の疾患を総称する行政用語である。この疾患群には、高血圧・肥満・糖尿病・高脂血・循環器病(動脈硬化症・心筋梗塞・脳卒中などを含む)・大腸がん・肺がん(扁平上皮がん)・アルコール性肝炎・歯周病が含まれる。
    これらの疾患の発祥には、食生活・運動・喫煙・飲酒・休養などの生活習慣要因が深く関係している。これらの生活習慣は、個人の努力で改善できる点が特に重要である。生活習慣を改めて、発病の前に一次予防をするために、理解しやすい生活習慣病という用語が採用されたのである。
    ブレスローは、以下の健康習慣を実行している人ほど、疾患の離間率が少なく、寿命が長いことを見出した。
    ?適正な睡眠時間
    ?喫煙をしない
    ?適正体重の維持
    ?過度の飲酒を避ける
    ?定期的にかなり激しい運動をする
    ?朝食を毎日食べる
    ?間食をしない

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生活習慣病について述べよ。
    生活習慣病とは、特定の個々の疾患をさすのではなく、生活習慣が発症・進行に関与する一群の疾患を総称する行政用語である。この疾患群には、高血圧・肥満・糖尿病・高脂血・循環器病(動脈硬化症・心筋梗塞・脳卒中などを含む)・大腸がん・肺がん(扁平上皮がん)・アルコール性肝炎・歯周病が含まれる。
    これらの疾患の発祥には、食生活・運動・喫煙・飲酒・休養などの生活習慣要因が深く関係している。これらの生活習慣は、個人の努力で改善できる点が特に重要である。生活習慣を改めて、発病の前に一次予防をするために、理解しやすい生活習慣病という用語が採用されたのである。
    ブレスローは、以下の健康習慣を実行している人ほど、疾患の離間率が少なく、寿命が長いことを見出した。
    ①適正な睡眠時間
    ②喫煙をしない
    ③適正体重の維持
    ④過度の飲酒を避ける
    ⑤定期的にかなり激しい運動をする
    ⑥朝食を毎日食べる
    ⑦間食をしない
    しかし、発症には、生活習慣のほかに病原体などの外部要因・遺伝子以上や加齢などの遺伝要因も関与する。外部要因や遺伝要因は個人の責任に帰することができないので、病気を個人の責任だけが原因..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。