介護の社会化と介護保険制度について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数8,210
ダウンロード数40
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    介護の社会化とは、要介護者の残存自立能力を開発し、自己実現を可能とするために、また、要介護者家族の介護力を高めるために、その介護を家族にだけ過重に依存するのではなく、家族外体系の社会資源を積極的に活用しながら、家族と社会の間での共同的介護もしくは協働的介護が行われるプロセス・取り組みをいう。そのプロセスは、私事的に行われる介護から、地域社会で取り組まれる共同的介護へ、さらに制度としてのシステム化される社会的介護に発展していくものである。介護の社会化は、介護意識・介護行動・介護環境の社会化に分けられるが、これらの社会化が統合的に達成されて初めて完成する。
    介護の社会化のプロセスは、以下の順で発展していく。
    ?家族専任型〜介護の社会化が進んでおらず、家庭での介護を専ら家族が担っている。親の介護責任は子どもにあり、他人に介護を任せることは親不孝であるという意識が強い。   
    ?地域共同型〜介護が不十分なとき、家族会などを組織して地域社会に共通する問題として、地域で助け合う。 

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    介護の社会化と介護保険制度について
    介護の社会化とは、要介護者の残存自立能力を開発し、自己実現を可能とするために、また、要介護者家族の介護力を高めるために、その介護を家族にだけ過重に依存するのではなく、家族外体系の社会資源を積極的に活用しながら、家族と社会の間での共同的介護もしくは協働的介護が行われるプロセス・取り組みをいう。そのプロセスは、私事的に行われる介護から、地域社会で取り組まれる共同的介護へ、さらに制度としてのシステム化される社会的介護に発展していくものである。介護の社会化は、介護意識・介護行動・介護環境の社会化に分けられるが、これらの社会化が統合的に達成されて初めて完成する。
    介護の社会化のプロセスは、以下の順で発展していく。
    ①家族専任型~介護の社会化が進んでおらず、家庭での介護を専ら家族が担っている。親の介護責任は子どもにあり、他人に介護を任せることは親不孝であるという意識が強い。   
    ②地域共同型~介護が不十分なとき、家族会などを組織して地域社会に共通する問題として、地域で助け合う。 
    ③社会協働型~国・地方自治体・の介護制度だけでなく、地域共同ケアも活用しながら、..

    コメント1件

    wakabadai 購入
    参考になりました
    2006/09/28 3:48 (10年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。