犯罪者処遇の権力作用と刑罰や矯正教育の効果について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,928
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    犯罪者処遇の権力作用と刑罰や矯正教育の効果について述べよ。

     犯罪者処遇の原則は、以下の2つである。
    ?人道的処遇の原則〜社会復帰のための処遇といえども、受刑者に一方的に押し付けるべきものではなく、受刑者の主体性・自主性の尊重が重視される。世界人権宣言では、「何人も、拷問または残虐な、非人道的な若しくは屈辱的な取扱若しくは刑罰を受けることはない」としている。日本国憲法でも、「公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる」と定められている。
    ?公平処遇の原則〜被拘禁者処遇最低基準規則では、「被拘禁者の人種、皮膚の色、性別、言語、宗教、政治的若しくはその他の意見、国籍、社会的身分、財産、門地、又はその他の地位により、差別があってはならない」と規定している。
    施設内処遇の基本理念は、現在の日本では、受刑者の身柄の確保とその改善更生を目的としている。この目的遂行にあたって、受刑者の基本的人権を尊重すべきことが強調されている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    犯罪者処遇の権力作用と刑罰や矯正教育の効果について述べよ。
     犯罪者処遇の原則は、以下の2つである。
    ①人道的処遇の原則~社会復帰のための処遇といえども、受刑者に一方的に押し付けるべきものではなく、受刑者の主体性・自主性の尊重が重視される。世界人権宣言では、「何人も、拷問または残虐な、非人道的な若しくは屈辱的な取扱若しくは刑罰を受けることはない」としている。日本国憲法でも、「公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる」と定められている。
    ②公平処遇の原則~被拘禁者処遇最低基準規則では、「被拘禁者の人種、皮膚の色、性別、言語、宗教、政治的若しくはその他の意見、国籍、社会的身分、財産、門地、又はその他の地位により、差別があってはならない」と規定している。
    施設内処遇の基本理念は、現在の日本では、受刑者の身柄の確保とその改善更生を目的としている。この目的遂行にあたって、受刑者の基本的人権を尊重すべきことが強調されている。しかし、身柄の確保と改善更生の処遇と基本的人権の尊重という三つの要素は、相互に対立しあう性質をもつ。この3要素のいずれかに重点が置かれるのは、時代や文化の背景により..

    コメント1件

    mirai0903 購入
    参考になりました。
    2007/10/05 12:23 (9年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。