高齢化の社会病理について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数789
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    高齢化」に伴う社会病理について述べよ。

    高齢化とは、社会での人口構造に占める高齢者の比率が増大することである。高齢化社会とは、WHOの基準では、65歳以上の人を高齢者とし、人口の7%以上を高齢者が占め、この比率が上昇し続けている社会を高齢化社会と呼ぶ。何歳から老年期なのかは、説により異なる。
    現在の日本では、年金制度等の諸制度・国連の規定により、老年期を65歳以上とし、65歳から75歳未満を前期高齢者、75歳以上を後期高齢者としている。
    2001年の日本の平均寿命は、男性が78歳、女性は85歳になっており、世界最高の長寿国となっている。また、出生率が低下し、少子化により、高齢化が進んでいる。
    平均寿命の伸びは、老後期間を長くし、2000年の65歳の平均余命では、定年後男性は17.5年、女性は22.4年生き続ける。老後をいかに生きるかということが、家族設計・生涯設計の今後の課題となる。しかし、現在の高齢者や向老期にいる人達は、時代背景に制約され、老後のことなど考える余裕もなく、現在まできているのが現状である。そのため、老後に生活適応障害を起こしやすい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「高齢化」に伴う社会病理について述べよ。
    高齢化とは、社会での人口構造に占める高齢者の比率が増大することである。高齢化社会とは、WHOの基準では、65歳以上の人を高齢者とし、人口の7%以上を高齢者が占め、この比率が上昇し続けている社会を高齢化社会と呼ぶ。何歳から老年期なのかは、説により異なる。
    現在の日本では、年金制度等の諸制度・国連の規定により、老年期を65歳以上とし、65歳から75歳未満を前期高齢者、75歳以上を後期高齢者としている。
    2001年の日本の平均寿命は、男性が78歳、女性は85歳になっており、世界最高の長寿国となっている。また、出生率が低下し、少子化により、高齢化が進んでいる。
    平均寿命の伸びは、老後期間を長くし、2000年の65歳の平均余命では、定年後男性は17.5年、女性は22.4年生き続ける。老後をいかに生きるかということが、家族設計・生涯設計の今後の課題となる。しかし、現在の高齢者や向老期にいる人達は、時代背景に制約され、老後のことなど考える余裕もなく、現在まできているのが現状である。そのため、老後に生活適応障害を起こしやすい。
    どの老人も、どんなに老年期に適応..

    コメント1件

    hattotorikku 購入
    高い。
    2006/07/26 11:10 (10年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。