社会福祉の対象、主体及び目的について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数939
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉の対象、主体及び目的について述べよ。

    社会福祉の援助の対象は、生活困窮者・虚弱高齢者・障害者・単身世帯・住宅困窮者・各種の福祉施設の利用者や入所者など、以前は一般的な国民の立場よりも不利であったり、差別されたりする人々を指したが、現在は、国民全体が対象となっている。
    一般的な国民が、福祉を必要と感じ、その対象となるときは、3つある。第一に、個人のライフサイクルの中で社会的保護が必要とされるときである。すなわち、心身の成長期にある子どものとき(児童福祉)と、心身が衰退し、社会的に孤立しがちな高齢者のとき(老人福祉)。第二に、事故・傷病・生まれつきの心身上の特性によって、日常生活を営むのに障害があったりして、社会的に不利な立場におかれたとき(身体・知的・精神障害者等が対象の障害者福祉)。第3に、社会・経済の変動によって引き起こされる雇用・住宅・教育環境に関わる生活難にあったとき(失業・倒産・離婚などの際の生活保護・母子福祉・災害福祉)。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉の対象、主体及び目的について述べよ。
    社会福祉の援助の対象は、生活困窮者・虚弱高齢者・障害者・単身世帯・住宅困窮者・各種の福祉施設の利用者や入所者など、以前は一般的な国民の立場よりも不利であったり、差別されたりする人々を指したが、現在は、国民全体が対象となっている。
    一般的な国民が、福祉を必要と感じ、その対象となるときは、3つある。第一に、個人のライフサイクルの中で社会的保護が必要とされるときである。すなわち、心身の成長期にある子どものとき(児童福祉)と、心身が衰退し、社会的に孤立しがちな高齢者のとき(老人福祉)。第二に、事故・傷病・生まれつきの心身上の特性によって、日常生活を営むのに障害があったりして、社会的に不利な立場におかれたとき(身体・知的・精神障害者等が対象の障害者福祉)。第3に、社会・経済の変動によって引き起こされる雇用・住宅・教育環境に関わる生活難にあったとき(失業・倒産・離婚などの際の生活保護・母子福祉・災害福祉)。以上のように、誰にでも起こりうる出来事に備えるためのものが社会福祉であり、差別され限られた人々だけでなく、利用する全ての人々が対象者である。潜在的な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。