社会保障の役割と機能について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数908
ダウンロード数38
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    直接貧困を撲滅するために、貧困を社会から除去するための積極的な仕組みとして社会保障が考えられた。家族や血縁など個人の生活基盤が脆弱化してきたこと・資本主義経済下での大量の失業と、そこから生まれる新たな貧困の防止のために、社会保障が必要とされたからである。
    社会保障は、労働力の保全・育成という雇用労働者の保護政策の延長上にあり、最低生活の確保だけではなく、富の公平な分配を実施することによって、資本主義経済の安定と発展に寄与している。
     社会保障の本質的な役割は、ベヴァレッジ報告とILOの『社会保障への途』によれば、所得保障とされている。所得保障とは、傷病・疾病・廃疾・老齢・出産・失業・死亡による所得の一時的中断・喪失の場合の他、特別な出費によって生活水準の低下をもたらすような事態が生じた場合に、生活安定を確保するための給付を行うものである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会保障の役割と機能について
    直接貧困を撲滅するために、貧困を社会から除去するための積極的な仕組みとして社会保障が考えられた。家族や血縁など個人の生活基盤が脆弱化してきたこと・資本主義経済下での大量の失業と、そこから生まれる新たな貧困の防止のために、社会保障が必要とされたからである。
    社会保障は、労働力の保全・育成という雇用労働者の保護政策の延長上にあり、最低生活の確保だけではなく、富の公平な分配を実施することによって、資本主義経済の安定と発展に寄与している。
     社会保障の本質的な役割は、ベヴァレッジ報告とILOの『社会保障への途』によれば、所得保障とされている。所得保障とは、傷病・疾病・廃疾・老齢・出産・失業・死亡による所得の一時的中断・喪失の場合の他、特別な出費によって生活水準の低下をもたらすような事態が生じた場合に、生活安定を確保するための給付を行うものである。
    所得保障は、予防的・相互扶助的であり、互助の仕組みから脱落する場合には、社会扶助が事後的救済にあたる。経済的自立能力・生計維持能力のある場合は、社会保険によって対応し、自立能力を失って貧困基準以下にあるときは、公的な扶助..

    コメント3件

    koetatomo 購入
    初心者でもとてもわかりやすい内容です。
    2006/09/07 11:53 (10年3ヶ月前)

    wakabadai 購入
    参考になりました
    2006/09/27 22:02 (10年2ヶ月前)

    kaito0514 購入
    参考になりました。ありがとうございます。
    2006/11/07 18:16 (10年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。